身体をリラックスさせる方法

疲れを溜めすぎない身体に

家事や仕事、子育てをしているとどうしても体力的にも疲れる上に、気疲れもしてしまいます。気疲れでも、精神的な疲れと気を張ることでどうしても少し力が入ってしまうことでの肉体的な疲れもあります。それらの疲れを溜めすぎないようにするには、身体をリラックスさせて肉体的な緊張をほぐすことが良いのです。

お風呂やストレッチ、お香等のリラクゼーションなどその方法はさまざまあるでしょう。そのほかにもリフレッシュ方法などを調べていると「疲労回復には水素が期待できる」という言葉が目を引きました。

水素吸入が身体に与える影響とは

手を大きく広げている女性
この時に知った水素吸入は「スイソニア(suisonia)」を指していることが分かりました。調べてみると、私達の身体ではエネルギーを産生する時や激しい運動をした時などのさまざまな生命活動の中で活性酸素という酸化物質を発生させているのです。

この酸化物質が増えすぎることで細胞が傷つけられ、機能が低下するとともに代謝も低下し、疲れやすい身体になるということを知りました。そして水素はその活性酸素と結合し、体内で無害な水へと変化させるというのです。

さらに精神的な疲れを感じる原因となるストレスが脳に与える影響も、酸化による機能低下が一因になっています。そのため、水素が脳まで届くことで脳細胞の酸化を防ぎ、機能低下が軽減されるのです。スイソニアには、抗酸化作用と血管拡張作用なども期待が持てるため、細胞の機能低下や血行不良を改善できると考えられています。自宅で出来ることと並行して、スイソニアを取り入れればより効果的に改善できるでしょう。

お風呂で緊張を緩めることも必要

ひとくくりにお風呂といっても、自宅での入浴や銭湯、温泉、足湯等もあります。これらは、身体を温めることで血行を促進させて、肉体疲労の回復を早めてくれます。また、神経のリラックス効果も得られるのです。

しかし、怪我をしていたりどこか傷めたりしている場合は、温めることで患部を刺激してしまうこともあるので注意が必要です。身体を温めることは、発汗による代謝アップも見込めるのでその点から考えると、サウナや岩盤浴なども無理せず活用できれば、身体のリラックスにつなげることができます。

ストレッチやヨガで疲労回復

ヨガをしている女性
ゆっくり息を吐くとともに筋肉を伸ばすようにストレッチやヨガを行うことで、身体の回復機能を高めることになります。そうすることで筋肉も緩み、筋肉による圧迫が解消されるので血行も改善されます。それは、血管からの酸素が運ばれる量も改善されることにつながる為、疲労回復にもなるのです。

お香にも、睡眠を促す効果があることからリラックスにも◎

リラックス効果が期待できる=快眠・安眠効果があるということは、科学的にも睡眠を誘発させることが証明されている香りがあるので分かっています。

ラベンダーの香り

最も快眠・安眠に効果的だとして一番メジャーなものがラベンダーの香り。睡眠薬を普段から常用している方が、ラベンダーの香りを睡眠前に嗅ぐことで眠りの質が良くなったというデータもある。

シダーウッドの香り

この香りに多く含まれている「セドロール」という成分が眠りの質をよくすることが、快眠・安眠に効果を期待できる。シダーウッドの香りを嗅ぐことで、普段と比べると40%以上も睡眠にかかる時間が短縮できて、夜中に目覚めてしまうことも減少する。

コーヒーの香り

コーヒーを飲むと覚醒作用がある為、眠くならないというイメージが強い。香りの場合は、少し異なる。コーヒーの香りのおかげで、脳からはアルファ波が発生される。そして、リラックスした状態になる。

こうして、香りをかぐことで身体をリラックスさせて、自然な状態で睡眠状態にはいれるようにしていくことも必要です。

「出来ることから継続する」が疲れをためない生活の理想

リラックス効果のあるアロマ
普段から出来ることと言えば、お風呂などでしっかり身体を温めることですよね。そうして血行を促進させ、お風呂上がりにラベンダーなどのお香をたきながらストレッチを行えば、リラックス効果もありながらより疲労回復を早める効果が期待できます。

そして、月に2~3回程度を目安に疲れをひどく感じる時にスイソニアで水素吸入を行えば、より疲労回復を体感できるのです。もし、その生活の中で無理をしているのであれば、リラックス出来ずに逆に疲れてしまうこともある為、無理せずに継続出来ることから行うことが理想だと感じます。このほか、食事などでも疲労回復やリラックス効果が期待できるものもあるのか、次回調べて行ってみたいと思います。