水素水の効果は具体的にどういったものがあるのか

水素水ブームが起こり、様々なメーカーから水素が含まれた水が発売されていますが、老化予防や美容、健康、体に有益な効果が沢山あると言われています。実際にこの水の効果は本当にあるのか気になる方も多く、様々な説が飛び交っているものですが、水素分子自体の効果は実験で認められていても、水素水摂取による効果は認められているものもあれば、そうではないものもある事が現状です。水素水の活用方法や、実験で認められている効果について紹介します。

水素水の活用方法について

ペットボトルやパウチ、色々な容器に入っている水を摂取して活用したり、ウォーターサーバーを設置して摂取したり、風呂に水素を生成する機器を入れて活用する等、水素の力を期待した様々な商品が発売されています。

水素は最も小さな分子であり、これは細胞の隅々にまで届ける事が出来る力を備えているのですが、水、ガス、注射、入浴、化粧水、様々な方法で摂取が出来るものです。体に取り込んでも体に蓄積されずに、細胞を酸化ストレスから守ったり、有毒な活性酸素だけに働きかけて消したりと、色々な効果に期待出来ると言われています。

ペットボトルの水素水は効果に期待出来ない?

水素水の効果
ペットボトルに入ったタイプの商品は効果に期待出来ない可能性が高いと言われており、これは理由としては明確であり、水素というものは最も小さな分子ですから、メーカーが水素を含んだ水を作った地点では水素水ですが、ペットボトルに入れてしまうと容器から水素はどんどんと外へ抜けていくものです。

最も抜けにくいタイプとしてアルミパウチ型の商品がありますが、こちらも水素が抜けていく事は防げないですから、摂取する頃には含有量の少ない水になっているのが自然です。そのため、水素によって得られるとされている様々な好影響を得る事は難しく、容器内部で常に水素発生させる仕組みでも無いと抜けていく事は免れないと言えます。もちろん水を飲む事自体には健康や美容に良い影響がありますから、水分不足を防いだり、便通改善に繋がったりという影響はあるものです。

例えば水素水摂取を行ってから、体が元気になったり、便秘が治ったという方が居るのですが、水分不足によって疲労感を蓄積させていた所、水分摂取が習慣になって体が元気になったとか、水分不足原因から排泄力が低下していた所、水分摂取によって便通が良くなったと言える部分があるものです。まだまだ研究過程にある水ですから、未知数な部分が多い事が現実と言えますが、病気治療等で認められている効能もあるのは事実になります。

実験で認められている効果や条件について

ネズミの実験ですが、二年間同条件で暮らさせて、水素水摂取したネズミとそうではないネズミを比較した時に、水素摂取した方の寿命は変わらなくても元気なまま寿命を終えた結果が出ています。
他にもパーキンソン病のネズミに水素摂取させると、全てのネズミの動きが良くなって、薬を飲ませる以上の好影響を得られたという結果も出ているものです。他にもネズミに水素を与えた場合、与えない場合よりも体脂肪が減り、エネルギー代謝がアップするホルモン分泌が活発になり、人間にも有益とされています。

癌治療において、抗癌剤副作用を緩和させる結果が出ていたり、認知症予防に有益であったり、炎症抑制等は認められています。宇宙開発のNASAでもこの水の研究は進んでおり、放射能への副作用の軽減等に期待され、様々なジャンルで研究が進められているものです。

水素水の安全性について

安全性のある水素水
疲労回復や老化予防、メタボ対策や脳梗塞、心筋梗塞対策、運動時の乳酸撃退、パーキンソン病、炎症やアトピー、様々な部分で有益な影響が見られる水素ですが、水素水は副作用リスクが無くて、基本的には悪い部分を撃退して良い方法に向かうものです。

ですから薬とは違っていて、薬の場合は副作用リスクがありますが、この水は過剰摂取を避ければリスクは無く、薬は特定の悪い部分に作用するものですが、水素は体全体の悪い部分を正常に向かわせる働きがあります。

まとめ

水素が含まれた水の働きに関しては、動物実験や医療現場でも認められている部分が多いのは事実です。市販の商品に関しては、水素が含まれているかどうか解らない面もあり、含有量があまりにも小さいものは期待出来ないですから、商品広告に記載された働きを鵜呑みにしない方が良いと言えます。

ただし、水を摂取する習慣自体は良い影響もあり、現在人は気が付いた頃に水分不足状態に陥っている方も多く、こうした水の効果があると言う事で水分摂取する事は好影響を得られる面も多いです。まだまだ研究が進んでいるジャンルでもあり、今後は研究結果が明確に出て来る部分もあり、今後に期待されているものと言えます。含有量が少ない条件で摂取しても、それは水素が含まれた水ではなく、限りなくただの水を飲んでいる状態です。